お使いのブラウザのバージョンが古すぎます。ブラウザを最新バージョンに更新されることをお勧めします。
公開サーバ設置手続き
【公開サーバ設置手続き】

 愛媛大学の学内ネットワークは、安定性ならびにセキュリティ強化のため、標準ゾーン、サーバゾーン、学内サーバゾーン、認証ゾーン、ワイルドゾーン、V6ゾーンの6種類のゾーンに収容して運用する方針となっています。
参考:ネットワークゾーンの説明
 Webサーバやメールサーバなど学外や学内の他の端末からアクセスが必要なサーバは、サーバゾーン又は学内サーバゾーンに割り当てられたアドレスを使用する必要があります。
 
<サーバ申請の手順>
1.サーバの接続ポートの確保
 サーバが愛媛大学情報基盤システムのスイッチに直接接続している場合(一つのポートを他のゾーンに接続するべき機器と共有していない場合)、スイッチのポート番号をご確認ください。該当ポートをサーバゾーン利用可能な状態に設定変更いたします(設定変更は月1~2回程度)。不明な場合には、総合情報メディアセンターに問合せをお願いいたします。
 情報基盤システムのスイッチに直接接続されていない場合(一つのポートを他のゾーンに接続するべき機器と共有している場合)、ポート単位でしかゾーン設定ができないため、他のポートへの接続を行うか,サーバゾーン又は学内サーバゾーンでの接続が可能な場所にサーバを移動する等の対策をご検討ください。
 
2.ネットワーク接続申請
 総合情報メディアセンター宛に「ネットワーク接続申請書」で「新規」届けを提出して、サーバ用のアドレスを取得してください。
 
3.学外公開申請(ファイアウォール設定申請書)
 学外公開する場合は、「学外公開申請書(ファイアウォール設定申請書)」を総合情報メディアセンター宛に提出してください。
 
4.学内公開申請
 学内限定でサービスを公開する場合や、標準ゾーンに設置している端末にアクセスが必要な場合は、「学内公開申請書設定申請書」を総合情報メディアセンター宛に提出してください。
 
5.DNSの登録
 DNSへの登録が必要な場合は、DNSサーバの管理者にDNSの登録を依頼してください。逆引き設定は総合情報メディアセンターが行いますので、「学外公開申請書」又は「学内公開申請書」にFQDNを記入してください。
 
<サーバゾーン利用の注意>
 標準ゾーンでは、サーバゾーンからのアクセスができないため次の現象が生じます。その他サーバ・クライアント間での相互アクセスが必要な場合は、確認が必要となります。
 また、サーバで各種サービスを公開する場合はセキュリティに十分注意するようにしてください。
●ftpサーバ
<現象>  ファイルが転送できない。ファイルの一覧が表示されない。接続が遅い。
<対応>  クライアント側でPASVモードを使用する。  サーバ側もPASVモード対応の設定とする。  サーバ側でidnet を使用しない設定とする。 proftp の場合は, /etc/proftpd/proftpd.confで  IdentLookups off  を追加
●メールサーバ
<現象>  メールの送信に時間がかかる。
<対応>  サーバ側でidnet を使用しない設定とする。  sendmail の場合は、sendmail.cf で「O Timeout.ident=0」とする。