【一般】Symantec Endpoint Protectionアップデートについて


2018/01/19

メディアセンターが提供するSymantec Endpoint Protectionをご使用の方は,至急ご対応願います。

Symantec Endpoint Protection 12.1.6(RU6-MP9)より前のバージョンにおいて,複数の問題(脆弱性)が発見されました。
当該脆弱性を悪用された場合,以下の影響を受ける可能性がありますので,至急バージョンアップしてください。
 
 ・ユーザーが通常より低いアクセスレベルで保護しているリソースへの昇格アクセスを得る
 ・攻撃者が製品(Symantec Endpoint Protection)のUIを使用して常駐ファイルシステム上でファイルを削除
 ・サーバーやクライアント上で実行されるアプリケーションのリアルタイム保護をバイパスする攻撃

平成30年1月19日(金)以前にウイルス対策ページよりダウンロードし,インストールされた方は,至急バージョンアップしてください。

対象OS Windows,macOS(10.11~10.13)
対象者 2018年1月19日(金)以前にダウンロードし,インストールされた方

-対応手順-
以下のURLより愛媛大学アカウントとパスワードにてダウンロードしてください。
https://web.office.ehime-u.ac.jp/sep/
上記からダウンロードしたインストールファイルを使用し,Symantec Endpoint Protectionを上書きインストールしてください。

上書きインストール後,以下のバージョンになっていることをご確認ください。

 Windows:12.1.6(12.1.6RU6 MP9)
 macOS:14.0.1(14.0 RU1)

-注意事項-
Windowsについては,以前から管理サーバによるSymantec Endpoint Protectionのアップデートを実施(管理サーバから,Symantec Endpoint Protectionの更新ファイルが配信され,自動でアップデート)しておりますが,現在,この機能は実施できない(自動アップデートされない)状態です。
Windowsをご利用の方についても,手動でアップデート(Symantec Endpoint Protectionを上書きインストール)をお願いいたします。

CLOSE