お使いのブラウザのバージョンが古すぎます。ブラウザを最新バージョンに更新されることをお勧めします。
ネットワークゾーンの説明

ネットワークゾーンの説明

  • ワイルドゾーン(Wild Zone)
    • インターネット直結 例:研究、実験
    • 任意の通信が可能
    • 使用責任者には重責
  • サーバゾーン (Server Zone)
    • 学外公開サーバ 例:メールサーバ,Webサーバ等
    • 不正アクセス制御による保護
    • 対外アクセスは可能
    • 外部からのアクセスが可能(「学外公開申請書」提出)
  • 学内サーバゾーン (Local Server Zone)
    • サーバゾーンからのアクセスが必要な学内サーバ 例:学内限定認証サーバ,DBサーバ等
    • 不正アクセス制御による保護
    • 対外アクセスは可能
    • 標準ゾーンへの直接アクセスが可能(「学内サーバ申請書」提出)
    • 外部からのアクセスは不可
  • 認証ゾーン (Authentication Zone)
    • ネットワーク認証を通らないと使用不可能 例:部局設置演習室等
    • 検疫ゲートウェイによる常時監視
    • 不正アクセス制御による保護
    • 標準ゾーンへの直接アクセスは不可
    • 外部からのアクセスは不可
  • 標準ゾーン (Standard Zone)
    • 不正アクセス制御による保護
    • 対外アクセスは可能
    • 外部からの直接アクセスは不可(セキュアゲートウェイによるアクセス手段提供)
  • V6ゾーン (V6 Zone)
    • 不正アクセス制御による保護
    • 対外アクセスは可能
    • 外部からのアクセスが可能(「学外公開申請書」提出)

ネットワークゾーン間のアクセス関係
各ゾーンのアクセス関係は次のようになります。

 

ゾーンの種類

受信

認証ゾーン 標準ゾーン サーバゾーン 学内サーバゾーン ワイルドゾーン
発信 認証ゾーン

×

×

標準ゾーン

×

サーバゾーン

×

×

学内サーバゾーン

×

ワイルドゾーン

×

×

×

○:送信可能 ×:送信不可 △:送信可能(要申請)