お使いのブラウザのバージョンが古すぎます。ブラウザを最新バージョンに更新されることをお勧めします。
退職後の全学メールアカウント

退職後の全学メールアカウント


 退職される(異動による出向,再雇用の職員等も含む)方は,退職後全学メールアドレスの利用資格がなくなります。  

退職後、次の25日まではメールが利用可能で、月末まではメールの受信が可能です。(1日や25日が休日の場合は、翌平日に処理いたします。)

(例) 

・3月31日に退職の場合 4月25日までアクセス可能、4月30日まで転送可能

・5月10日に退職の場合 5月25日までアクセス可能、5月31日まで転送可能



 ○月末まで別のメールアドレスに転送したい方は、 「メールの転送方法」又は「メールの転送方法(新しいOutlook)」をご参照ください。
 ○教員の方で、次年度までメール転送延長を希望される方は、 「退職後の全学メール転送延長サービス」をご参照ください。


   なお、全学メールサービス用メールアドレスの削除に伴う,第三者等への対応をしておいてください。  多くの方々に共通するものを,参考のために,以下に紹介します。  

 ・退職後に利用されるメールアドレスの知人等への周知

 ・各種メーリングリスト,会員登録,ユーザ登録等の変更や削除