お使いのブラウザのバージョンが古すぎます。ブラウザを最新バージョンに更新されることをお勧めします。
退職後の全学メール転送延長サービス

退職後の全学メール転送延長サービス(教員系のみ)


 愛媛大学を退職後、全学メールの転送を延長したい教員系の方に対して転送延長サービスを行います。

 *転送設定は「メールの転送方法」を参考に各自で行ってください。転送設定されない場合は、延長申請されてもメールが転送先に届きませんのでご注意ください。転送設定は退職翌月の25日までに行ってください。

 *転送設定以前に届いているメールは受信することはできませんので、必要な場合は、事前に取得しておいてください。

【対象者例】

・退職して他大学に移籍することとなり、新しいメールアドレスに転送したい方。

・退職後、非常勤講師や客員教授として採用され、新しいメールアドレスに転送したい方。

・退職後、個人のメールアドレスに転送したい方。

【転送期間】

・平成29年1月から平成29年6月の間に申請:平成30年3月末まで転送を延長。

・平成29年7月から平成29年12月の間に申請:平成30年9月末まで転送を延長。

 *転送終了時に連絡は行いませんのでご了承ください。

【申請方法】

 「メール転送延長サービス」ページ(学内限定)から申請を行ってください。 

       https://citesql.cite.ehime-u.ac.jp/mail_forward_2/login.aspx

全学メール転送延長サービス画面

 申請には、全学メールサービスのアカウントが必要ですので、アカウントが使用できなくなる前に申請をお願いいたします。

 アカウントは、職員録データベースで退職処理された月の25日に使用停止となります。(3月末に退職の方は、4月25日に使用できなくなります。)

 既に学外に移動し「メール転送延長サービス」ページにアクセスできない方で、転送延長を希望される場合は、退職後一ヶ月以内に総合情報メディアセンター(center@dpc.ehime-u.ac.jp,内線8804)にお問い合わせください。 

【注意事項】

・本人以外からの転送延長依頼は受け付けません。

・退職後、一ヶ月以上たってからの転送延長依頼は受け付けません。

・システムの安定運用に支障がある場合は、転送を中止させていただきます。

・転送による不具合等について総合情報メディアセンターでは、責任を持ちません。