お使いのブラウザのバージョンが古すぎます。ブラウザを最新バージョンに更新されることをお勧めします。
アカウント変更に伴う移行2019

アカウント変更に伴う移行

 

 学部生から大学院生になった場合などは、学生番号が変更となるため、全学アカウントが変更となり、メールアドレスも変わります。新しいメールアドレスを事前に関係者等へ周知し、メーリングリスト等に登録している場合は、早めに登録を削除してください。 

 5月末までは以前のアカウントが利用できますので、必要なメールや情報があればそれまでに移行をしてください。

 

1.メール内容の移行

 Outlook on  the Webではフォルダーのアクセス権を付与することでメールの内容を移行することができます。

ここでは、旧アカウント(aidai.hanako.mj)のメールフォルダー(旧ファイル)を新アカウント(a999999a)のメールフォルダー(移行用)に移行する方法をご紹介します。

注)アクセス権の付与は、間違えると意図しない相手に自分のメール内容を見られてしまいますので、設定は慎重に行ってください。

1.1 旧アカウント(aidai.hanako.mj)のフォルダーに新アカウント(a999999a)のアクセス権を付与する設定

・ルートフォルダー「V フォルダー」にカーソルを移動して右クリックして、「アクセス許可」をクリックしてください。

 

・新規にアクセス許可を設定するため「+」をクリックします。

・新アカウント(a999999a)を設定します。アドレスを入力するとリストが表示されますので、クリックします。リストが表示されない場合は、新アカウントから旧アカウントへメールの送信を行ってください。新アカウントが旧アカウントの連絡先候補に登録されます。

・「追加」をクリックします。

・アクセス許可レベルを選択して、「OK」をクリックします。

・a999999aが所有者となります。

・同様に共有したいフォルダー(旧ファイル)を選択して新アカウント(a999999a)にアクセス権を付与します。

 

1.2 新アカウント(a999999a)のメールフォルダに共有フォルダーとして設定

・新アカウント(a999999a)のメールで共有フォルダを追加します。自分のルートフォルダーを右クリックして、「共有フォルダーの追加」をクリックしてください。

・旧アカウント(aidai.hanako.mj)を設定します。アドレスを入力するとリストが表示されますので、クリックします。リストが表示されない場合は、旧アカウントから新アカウントへメールの送信を行ってください。旧アカウントが新アカウントの連絡先候補に登録されます。

 

 ・「追加」をクリックします。 

・旧アカウント(aidai.hanako.mj)のフォルダが共有されます。

 

・必要なメールを選択して右クリックで「コピー」で移行先のフォルダーを選択すると、メールが新しいフォルダーにコピーされます。

 

1.3 移行終了後のアクセス権の削除

・作業終了後、新アカウント(a999999a)で共有フォルダを削除してください。

 

・旧カウント(aidai.hanako.mj)で当該フォルダーとルートフォルダーのアクセス許可を削除してください。  

 

 

 2 連絡先の移行

 2.1 連絡先のエクスポート

  旧アカウントで画面左下の「連絡先」をクリックします。

・連絡先画面の「管理V」をクリックして「連絡先をエクスポート」をクリックします。

・「連絡先をエクスポート」をクリックすると、現在の連絡先のリストがcsvファイルで保存されます。


2.2 連絡先のインポート

・新アカウントで連絡先画面の「管理V」をクリックして「連絡先をインポート」をクリックします。

・保存されたcsvファイルを参照して「インポート」すると連絡先に追加されます。