お使いのブラウザのバージョンが古すぎます。ブラウザを最新バージョンに更新されることをお勧めします。
アカウント変更に伴う移行

アカウント変更に伴う移行

 

 学部生から大学院生になった場合など学生番号が変更となるため、全学アカウントが変更となり、メールアドレスも変わります。新しいメールアドレスを事前に関係者等へ周知しメーリングリスト等に登録している場合は早めに登録を削除してください。 

 5月末までは以前のアカウントが利用できますので、必要なメールや情報があればそれまでに移行をしてください。

1.メール内容の移行

 Outlook on  the Webではフォルダーのアクセス権を付与することでメールの内容を移行することができます。

ここでは、旧アカウント(a999999a)のメールを新アカウント(libteststu)に移行する方法をご紹介します。

注)アクセス権の付与は、間違えると意図しない相手に自分のメール内容を見られてしまいますので、設定は慎重に行ってください。

1.1  旧アカウントa999999a)のフォルダーにアクセス権を付与する設定

・該当のフォルダーにカーソルを移動して右クリックして、「アクセス許可」をクリックしてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・新規にアクセス許可を設定するため「+」をクリックします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・新アカウント(libteststu)を設定します。「ディレクトリの検索」をクリックします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・「追加」をクリックします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アクセス許可レベルを選択して、「OK」をクリックします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・libteststuが所有者となります。

・フォルダーが「受信トレイ」以外の場合は、メールボックスのルート フォルダー (Test GAKUSEI) を右クリックして、「アクセス許可」をクリックして、アクセス権を上記設定と同様に次期担当者(libteststu@mails.cc.ehime-u.ac.jp)に付与します。

1.2 新アカウント(libteststu)のメールフォルダに共有フォルダーとして設定

・新アカウント(libteststu)のメールで共有フォルダを追加します。自分のルートフォルダを右クリックして、「共有フォルダーの追加」をクリックしてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・旧アカウント(a999999a)を指定して「ディレクトリの検索」をクリックします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・「追加」をクリックします。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・旧アカウント(a999999a)のフォルダが共有されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・必要なメールを選択して右クリックで「移動」-「別のフォルダーへ移動」を選択します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ・コピーしたい新アカウント(libteststu)のフォルダー(必要に応じて新規作成してください)を選択して「これらのアイテムを選択したフォルダーにコピー」を選択して、「コピー」をクリックしてください。メールがコピーされます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1.3 移行終了後のアクセス権の削除

 ・作業終了後、必要に応じて新アカウント(libteststu)から共有フォルダを削除しておいてください。

 2 連絡先の移行

 2.1 連絡先のエクスポート

・「アプリ起動ツール」をクリックして「People」をクリックしてください。

・エクスポート画面で「エクスポート」をクリックするとcsvファイルが作成されます。

 

・contacts.csv というファイル名で保存されます。修正した場合は別名で保存して御利用ください。

 

3.2 連絡先のインポート

・「アプリ起動ツール」をクリックして「People」をクリックしてください。

・上側の「管理」で「連絡先のインポート」を選択してください。



・「Outlook 2010,2013,2016」 を選択してください。

・既にファイルは作成されているので、「参照」をクリックして事前に作成したCSVファイルを指定して、「アップロード」してください。

 

・完全には移行できない場合もありますので、全て移行できているか確認してください。