お使いのブラウザのバージョンが古すぎます。ブラウザを最新バージョンに更新されることをお勧めします。
学術認証フェデレーション

【学術認証フェデレーション関連】


●学術認証フェデレーションとは

 学術認証フェデレーション(学認:GakuNin)とは、学術e-リソースを利用する大学,学術e-リソースを提供する機関・出版社等から構成された連合体のことです。各機関はフェデレーションが定めた規程(ポリシー)を信頼しあうことで,相互に認証連携を実現することが可能となります。  本学も平成24年4月より学認に参加したため、様々な組織が提供するサービスを「愛媛大学アカウント」で利用することができます。
 学認は、シングルサインオンとなっていますので、ご注意ください。一つのサービスにログインすると、その他学認利用サービスには愛媛大学アカウントを入力しなくてもログインができます。  完全にログアウトするためには、ログインした各サービスで個々にログアウトをした上で一旦ブラウザを終了する必要があります。特に共同でご利用のパソコンでは、確実にログアウトしてください。
 「愛媛大学アカウント」については、こちらをご覧ください。


●利用サービスとサービスプロバイダ(SP)に送信される情報

 

 利用可能サービスと各サービスに送信される個人情報は次のとおりです。ご利用するサービスよっては個人情報をサービスプロバイダに送信します。ご了承の上ご利用ください。   

組織等 サービス・利用方法 送信情報
氏名 所属 身分 ユーザID

メールアドレス

Elsevier(図) Science Direct          
Springer(図) SpringerLink          
Thomson Reuters(図) Web of Knowledge        
EndNote Web        
Ovid(図) OvidSP        
CUP(図) CambridgeJournals Online        
EBSCO(図) EBSCO host       ●    
IOP(図) IOPscience        
John Wiley & Sons(図) WILEY ONLINE LIBRARY        
Royal Society of Chemistry(図) RSC Publishing        
Publishing Technology(図) AIP Scitation          
Nature Publishing Group(図) Nature Publishing Group        
研究社(図) KOD          
丸善株式会社(図) Maruzen eBook Library          
日経BP社(図) 日経BP記事検索サービス          
Microsoft Microsoft Imagine(注)
       
科学技術振興機構 ReaD&Researchmap        
株式会社ネットアドバンス(図) ジャパンナレッジLib        
国立情報学研究所 FaMCUs        
Fshare (終了)          
Eduroam-Shib (eduroam用一時アカウント発行サービス)(9月末終了)          
eduroamJP認証連携IDサービス  (予定)        
学認申請システム        
GakuNin mAP  利用方法    
meatwik 利用方法    
学認連携 Moodle 講習サイト          
NII FileSender       ● 
金沢大学 File Transfer Service 利用方法      
山形大学 科学技術の学術情共有のための 双方向コミュニケーションサービス 利用方法        
大学間連携グループ情報共有サービス 利用方法      
広島大学 HINETの無線LANゲスト利用サービス 利用方法        
佐賀大学 無線LANゲスト利用サービス 利用方法        

(図)詳しくは、愛媛大学図書館ホームページの「学外からの接続について」をご覧ください。 (注)学生が個人で所有するパソコンにのみインストールが可能です。
各サービスプロバイダ(SP)との接続情報の詳細については、こちらをご覧ください。


●愛媛大学認証画面

 

 愛媛大学の学認用認証画面は次のとおりです。

ログオン画面

  各サービス時に愛媛大学用の認証画面が表示されたら、「UserID」、「Password」に愛媛大学アカウントのユーザIDとパスワードを入力し、「Login」ボタンをクリックしてください。学生は情報基盤システムや修学支援システム、職員は、全学メールアドレスのアカウントと同じです。

 認証後、各サービスをうけることができます。